東南アジア 旅行・出張記

東南アジアを中心に海外旅行・出張の持ち物チェックリストなどお役立ち情報やおすすめスポットなどをご紹介

*

ナント! ボーイング社が折りたたみ翼を持つ旅客機『ボーイング777X』を開発中

      2015/09/02

アメリカの航空機メーカー大手ボーイング社は、新しい大型旅客機「777X」を開発中です。日本の大手メーカー5社も開発・製造に参加し、今後何かと話題になるでしょう。

ボーイング777Xとは?

ボーイング777Xとは、現行の大型旅客機777(トリプルセブン)の改良型で、世界最大の双発ジェット機になります。現行の777は今日、同クラスの注文の55%を占める人気機種ですが、今回の改良では、機体・エンジンともほとんど新しい設計とっており、まったく新しい飛行機といってもおかしくはないと思います。

ボーイング777X

ボーイング社HPより

運用開始は2020年予定で、すでにルフトハンザ航空やエミレーツ航空などから259機(2014年6月現在)の受注が成立しています。

ナント 折りたたみ翼を採用

何といっても注目すべき改良点は折りたたみ翼の採用。ご存知の通り空母で運用される戦闘機などには駐機スペースの効率化から折りたたみ翼が採用されていますが、民間の旅客機では初めてではないでしょうか。

ボーイング777X 折りたたみ翼

ボーイング社HPより

その理由は燃費の向上と空港の設備上の都合です。777Xは翼を大きくすることで、対抗機種と比べて12%エネルギーを節約できるとしています。しかしこの改良によって71.1mになった翼幅では、最大65mとされている国際空港のゲートの中に入れないという危険が出てきます。

そこで、登場したのがこの折りたたみ翼。地上では羽の両端を跳ね上げる(片方約3m)ことで、全幅を64.8mと基準内に抑えることに成功しています。

777Xの登場で、飛び立つ前に羽を広げる旅客機のかっこいい姿を見られると思うと、今から楽しみですね!

エンジンも新しくなり燃費も向上

採用されるエンジンはGE Aviation社製のGE9Xで、10%の燃費向上が期待されています。

GE9X

GE Aviation社 HPより

GE9Xは、現在777-300ER型で使用されているGE90を、スケールダウンしたエンジンで、タービンセクションにはセラミック母材の複合材が使用される。GE90-115Bの直径3.43m・推力115000ポンドに対し、GE9Xは直径3.25mそして15500ポンド減の推力99500ポンドとなり共にダウンサイジングしています。

日本の大手メーカー5社も参加

6月12日のボーイング社は、日本の大手メーカー三菱重工業、川崎重工業、富士重工業、新明和工業、日本飛行機の5社が日本航空機開発協会と共に、開発と製造のパートナー契約の合意締結を発表しました。

合意では、胴体部、中央翼、圧力隔壁、主脚格納部、乗降扉、貨物扉、主脚扉、主翼構成品、翼胴フェアリングを含む航空機全体の約21%におよびます。これまで747、767、777、787、次世代737、737 MAXと共同開発を行ってきたパートナーシップがさらに進むことになるでしょう。

777-8Xと777-9Xの2シリーズを開発中

777Xは、主に胴体の長さの違いで2つのシリーズを開発しています。対抗機種はエアバスのA350XWB-900/1000です。

  • 777-8X 短胴型。航続距離17,220km、353座席。
  • 777-9X 胴体を延長した型。航続距離15,185km、407席。

残念ながら東南アジアへの旅行・出張では乗れない?

777Xは大型で長距離を担う航空機です。したがって東南アジアへは767や737などの小型・中型機が主力となります。しかし、シンガポールなど一部旅客数の多い都市への便でレガシーキャリアが採用するかもしれません。是非期待しましょう!

 - 航空機紹介

広告

広告

  関連記事

A320neo
LCC定番A320のアップグレード機 『エアバスA320neo』

ボーイング737シリーズを紹介したので、そのライバルで、LCCでもよく使われてい …

エアバスA380
世界初!総2階建て旅客機 『エアバスA380』

エアバスA380とは? エアバスA380はボーイング社の747ジャンボを超える歴 …

ボーイング747
主な旅客機の種類と見分け方『Boeing 747シリーズ』

航空機ファンの人ならいまさらかもしれませんが、私のように好きだけど種類までは。。 …

顔つきで判別しよう
主な旅客機の種類と見分け方『Boeing 737』と『Airbus 320』

いずれも短距離のフライトで良くつかわれており、生産機数も非常に多いこの2機種。乗 …

エアバス社 HPより ブリュッセル航空のA320
最も身近な旅客機?『エアバスA320』

東南アジアへLCCを使って旅行・出張する方にとって、この「エアバスA320」は最 …

エアバス A350 XWB
エアバス社が『A350 XWB』開発中 787や777Xに対抗

ヨーロッパの大手旅客機メーカーであるAIRBUS(エアバス)社は、ボーイング社の …

MRJ(Mitsubishi Regional Jet)
国産初の小型ジェット旅客機 MRJ(Mitsubishi Regional Jet)

私のような飛行機好きにとって「国産機」という響きには、少し特別な響きがあります。 …

ボーイング787ドリームランナー
『ボーインク787ドリームランナー』ってどうすごいの?

マニアの間でかなり話題となったボーイング社の新しい旅客機787ですが、普通の人は …

ボーイング737MAX
LCCの定番機種の後継 ボーイング『737 MAX』

最近新型旅客機の記事が続いていますが、またまた開発中の新機体の紹介をしてみたいと …