東南アジア 旅行・出張記

東南アジアを中心に海外旅行・出張の持ち物チェックリストなどお役立ち情報やおすすめスポットなどをご紹介

*

海外旅行・出張に大活躍『TUMI(トゥミ)』のキャリーバッグのラインナップ

      2015/09/02

私のお気に入りメーカー「TUMI(トゥミ)」ですが、追加の購入を考えているのでそのラインナップを調べてみました。これからキャリーバックを購入される方はに参考になればうれしいです。
実際私も20年ぐらい同じキャリーを使っていますがまだまだ現役! アジアの荒れた路面にもねを上げずがんばってくれています。

まずは復習「TUMI(トゥミ)」ってどんなメーカー?

まずはTUMIの簡単なご紹介から。TUMIは1975年にアメリカで創業したバッグメーカーです。
このメーカーを有名にしたのは、1983年に発表された「バリスティックナイロン素材」を採用したトラベルバッグではないでしょうか。
「バリスティックナイロン素材」はアメリカ陸軍が防弾チョッキに使用していた強靭かつ軽量な素材で、これを使いモダンかつ丈夫なバッグを発売し、主にビジネスユーザーから支持をえました。

実際私も20年近くTUMIのビジネスバッグを使用し続けその丈夫さは実証済みです。TUMIからお金もらっているわけでもないですが、お勧めして間違いのないバッグの一つだと思います。

TUMIのラインナップ

20年前に比べて、TUMIは多くのバリエーションをそろえるようになりました。昔から変わらないソフトタイプのバッグから、今人気の樹脂系のハードタイプまでデザインを含めると何種類ぐらいなのでしょうか。(ハードタイプとソフトタイプの違いはこちら
すべて紹介すると終わらないので、今回はキャリーバッグに絞って紹介していきたいと思います。

伝統のソフトタイプ

ソフトタイプは私も愛用しているナイロンを使ったキャリーバッグです。ナイロンといっても、TUMIで使用している生地は防弾チョッキにも採用されている素材を使用(現在はもっと進化している)。何度も言うようにその耐久性は実証済みです。またTUMIのソフトタイプは容量が増えたり(お土産を買い過ぎてこれはパッキングできるかな?!って時に便利)ハードタイプのようにプロテクター付きのものがあったりととても機能的です。

究極の新いコレクション「ALPHA (アルファ)2」シリーズ

ALPHA 2はトラベルシーンに革新をもたらす、デザイン、技術、機能、パフォーマンスの全てにおいて、トゥミ史上究極の新しいトラベルコレクションです。より軽量で、より高い耐久性をそなえた本体は、シルエットもさらにしなやかなに生まれ変わりました。

TUMIのキャリーバッグ

ALPHA 2はトラベルシーンに革新をもたらす、デザイン、技術、機能、パフォーマンスの全てにおいて、トゥミ史上究極の新しいトラベルコレクションです。
より軽量で、より高い耐久性をそなえた本体は、シルエットもさらにしなやかなに生まれ変わりました。
30を超える改良点に加え、特許取得の技術が14以上採用されています。
360度回転する4輪のホイールをケース本体の凹み部分に取り付けることで、重心が低くなり、安定した走行を実現するだけでなく、収納スペースもより広くなりました。

特許出願中のDurafold™構造は、本体のコーナーに外部からの衝撃を軽減するためのキャップを取りつけることにより本体の耐久性を高め、特許取得のX-Brace45®は、軽量な航空機規格のアルミニウム製で、ハンドルをケース内に格納することにより、ハンドルチューブが外部からの衝撃を吸収し、ハンドルの防護性を高めます。
調節可能なハンドルや操作が簡単なレバーロック式で、2段階に調節可能な拡張システムなど、ALPHA 2は高い機能性とユーザーフレンドリーな操作性が特徴です。
※製品により、搭載される特徴は異なります。
本体素材は、特許取得の耐久性に優れたFXTバリスティック・ナイロンです。
(TUMI HPより)

店頭で2輪タイプのALPHA 2を見ましたが、キャスターもさらに大型化され強度も増しているようでした。キャスターが大型化すると転がり抵抗が少なくなり段差にも有効です。

1983年から続く伝統のシリーズが「ALPHA (アルファ)」シリーズです。

1983年、トゥミは耐摩耗性に優れた強靭なバリスティックナイロン素材のトラベルケースを発表しました。
その後も先端技術を反映させながら、素材・デザイン・機能に絶え間ない改良を重ね、発表当初のクラシックなデザインと最新機能とを融合したのが「ALPHA」シリーズです。ソフトタイプとハードタイプの特徴を併せ持っています。

tumi ALPHA

角が取れハードケースに近い丸みを帯びたデザインです。ぐるりとポリプロピレン製のバンパーガードが採用されて外部の衝撃から本体を守る構造です。ちなみにこのバンパーガード、割れたりすれば修理で交換可能なそうです。

また、ソフトタイプに分類していますがバッグ全体は硬くハードタイプのようでいて、ポケットなどがあることでソフトタイプのいいところも備えています。

かなりデザインは新しいですね。今までのTUMIのデザイン・機能が好きな人はALPHA 2シリーズの方がいいかもしれません。

ゴールドなロゴがかっこいい「VOYAGEUR(ヴォヤジュール)」シリーズ

今までのTUMIにはないデザイン路線ですよね。これまでのTUMIファンには好き嫌いがはっきり分かれそうなラインです。ゴールドがところどころであしらわれビジネス路線とは離れた都会派なイメージでしょうか。

洗練と女性らしさ、そしてトゥミのアイコニックなエレメントが加わりVoyageur(ヴォヤジュール)コレクションのトラベル、ビジネス、デイリーアイテムがデザインを新たに登場。耐久性のあるライトウェイトナイロンにエレガントなレザーのトリムを施し、細部にこだわりました。アクセスが容易なU字型ポケット、光沢のあるメタルのハードウェア、リボン型のレザーの引き手、IDタグが特徴。

VOYAGEUR

スーパー・レジェー・インターナショナル・キャリーオン

このシリーズの特徴
・ライトウェイトナイロンとレザーのトリムで高級感のあるモデル
・2輪ホイール
・1泊から2,3泊までの小型のモデルのみ
・雑誌やモバイルなど収納に便利な大型フロントポケット

TUMIも参入「ハードタイプ」

ハードタイプは、外側がプラスティック樹脂や金属でつくられたキャリーバッグです。ハードタイプの代表的なものにRIMOWAがありますよね。ハードタイプのキャリーバッグで不動の地位を確立しています。
そしてTUMIもハードタイプのラインナップを強化しています。

最高レベルの耐久性と耐衝撃性を備えた、軽量で操作性に優れた「TEGRA-LITE®(テグラライト)」

Milliken&Company®によって開発された熱可塑性ポリプロピレン複合素材Tegris™(テグリス)を使用。Tegris™はファブリック状に編みこまれた押し出し成型の繊維素材をプレスし、硬いシート状に加工した素材で、その強度と耐久性により、NASCARレース車両、NFLプレーヤー(アメリカンフットボールのリーグ)のプロテクターなどに使用されています。
数年間にわたる開発の打ち合わせを重ね、トラベル&アクセサリー分野において、トゥミだけのエクスクルーシブ素材として使用できることになりました。
キャスターやハンドルには米国の権威ある雑誌『TRAVEL&LEISURE』で、2011年最も優れたラゲージに選ばれた「VAPOR® (ヴェイパー)」と同様の特許取得のパーツを使用しています。

TUMI TEGRA-LITE

このシリーズの特徴
・カラーバリエーションが豊富
・4輪ホイール
・価格も控えめ

使われている素材は、アメリカンフットボールのプロテクターに使われているものと同じだそうで、軽くて丈夫です。アジアの空港などではいまだに荷物を放り投げていますから(笑)頼りになりそうですね。

無骨なデザインの「T-TECH CARGO (ティーテック・カーゴ)」

大型の貨物船舶からインスピレーションを得てデザインされた、キャスター付きラゲージのコレクション。
ポリカーボネイト素材の本体は軽量で操作性に優れ、高い強度を誇ります。
大胆なスタイルとカラーは、ユニセックスでご使用いただけます。
(TUMI HPより)

TUMI 「T-TECH CARGO (ティーテック・カーゴ)」

TUMI 「T-TECH CARGO (ティーテック・カーゴ)」

このシリーズの特徴
・TUMIの中では最もリーズナブル
・4輪ホイール
・男性向きなデザイン

公式ホームページには「ユニセックス」とありますが、やはりちょっとアウトドアの似合う男性に使ってもらいたいですね。女性はあまりに似合わない気がしますが。。。どうでしょう?

TUMI(トゥミ)の購入方法

さあ、実際TUMIのキャリーバッグが欲しくなったとして、その購入方法も一応ご紹介しておきます。ネットで買うにしろ、できれば百貨店などで販売していますので、一度手にとって見ることをお勧めします。

  • 百貨店の正規販売店で購入
    安心感は抜群ですが、価格は最も高めでしょうか。しかし、モデルチェンジ時期の在庫売りつくしなどでセールになっているものもあります。ただし、あまり人気のないカラー(赤とか白)限定という場合もありますので、「これが欲しい!」とお目当てがある場合は、普通に買いましょう。アフターサービスも安心ですね。
  • ドンキホーテなどのディスカウントストア
    ディスカウントストアでは、ラインナップが限定されます。グレーのキャリーバッグが1個売られているが、黒がなかったりしますので、偶然お目当ての商品があればラッキーぐらいの感覚です。
  • インターネット
    安く、かつお目当ての商品を探すのであればやはりインターネットが便利です。価格も比較できますし、種類も豊富ですので、きっとお目当てのものが見つかると思います。

amazonで購入可能です。インターネットでの販売ですが、安心して購入することができ、値段もそこそこ安いものもあります。また、公式ショップのTUMIストアも出品していますので、少し高めですが安心して購入できるでしょう。

空港で予約した商品を購入するという手も【2015.9.2追記】

先日、成田の免税店のTUMIを訪れると、事前に予約して購入するとお得だということを聞きました。確かにTUMIの免税店はそれほど大きくないので、置いている商品が限られてしまいます。その中にお気に入りのものがあればいいですが、ないことも十分考えられますよね。

そんなときに予約していけば確実にお安く購入できるというサービスです。
予約は、電話でも、インターネットからでもできるようです。買いたいものが決まっている人は一度利用してみては?

JAL-DFS予約サイトはこちら
電話番号:0120-34-8596

関連記事

実際私が20年使っているキャリーはこんな感じ

 - 海外旅行持ち物 便利グッズ

広告

広告

  関連記事

ノイズキャンセラー付きオーディオ
海外旅行・出張 持ち物・便利グッズ 『ノイズキャンセラー付きオーディオプレーヤー』

海外旅行・出張には必ず使うといっていい飛行機。 韓国などは、2時間弱で着いてしま …

持ち歩きよう財布
海外旅行・出張の持ち物 『持ち歩き用の財布』でリスクヘッジ

東南アジアの国々に限らず、皆さん旅行に行く前に持って行くカードなどを精査して、協 …

電源アダプター
海外旅行持ち物 『コンセントアダプター』

海外旅行・出張に必要な持ち物シリーズです。最近出張・旅行を問わず電気・電子製品を …

VOYAGEUR
海外旅行・出張の持ち物 長~く使える『TUMI(トゥミ)のキャリーバッグ』

20年近く、旅行や出張を共にしてきたTUMI(トゥミ)のキャリーバッグ。とっての …

パッキング用のネット
旅行・出張に便利グッズ 衣類をまとめるだけでパッキングがスムーズ

「あ~パッキングが面倒!!」という方 私も以前はそうでした。自分でパッキングする …

ラゲッジチェッカー
海外旅行持ち物 『ラゲッジチェッカー』 で、追加料金の発生を防ぐ

「えっ5,000円の追加料金!?」なんて、空港の窓口で言わないように、必ずチェッ …

SIMフリー携帯
海外旅行・出張の持ち物 便利グッズ 『SIMフリー携帯電話』

海外に出張や旅行をよくする方、電話はどうされていますか? SIMフリー携帯電話を …

no image
海外旅行・出張の持ち物 便利グッズ 『使い捨てマスク』

アジアでも、どこでも海外に旅行・出張に行くには飛行機に乗る必要がありますよね。 …

薬
海外旅行・出張の持ち物 『使い慣れたお薬』で安心

必ず持って行くものとして「お薬」があります 特に東南アジアでは、お水・氷・生野菜 …

サングラス
海外旅行・出張の持ち物 『サングラス』

日差しの強い東南アジアでは「サングラス」は必須アイテム! 東南アジアなどの赤道に …