東南アジア 旅行・出張記

東南アジアを中心に海外旅行・出張の持ち物チェックリストなどお役立ち情報やおすすめスポットなどをご紹介

*

LCC定番A320のアップグレード機 『エアバスA320neo』

      2015/08/24

ボーイング737シリーズを紹介したので、そのライバルで、LCCでもよく使われている機体「エアバスA320ファミリー」も紹介しないといけないでしょう。
東南アジアへの旅行や出張が多い私にとって、これまでもっとも搭乗した回数が多い機体ではないでしょうか。
そして現在、エアバス社はその最新機種A320neoファミリーを開発中です。

A320 コックピット

A320のコックピット エアバス社HPより

新着ニュース

【2015/3/27追記】
エアバス社は、A320neoの初飛行に成功したというニュースを発表しています。引渡しは2016年からなので、遅れないか少し心配ですね。

エアバスA320neo初飛行に成功

エアバスA320neo初飛行に成功

エアバスA320ファミリーについて

エアバスA320シリーズは、欧州のエアバス社が製造した近・中距離向け小型旅客機です。これまでに8,400機以上の受注があり、およそ5,130機が280社を超える航空会社で運用されています。当初からフライ・バイ・ワイヤなど新しい技術を積極的に取り入れた機体でした。

シート配列は通路が中央に1本の3-3。A320ファミリーの胴体幅は単通路機のなかで最も広く、737より広い座席と通路を誇ります。

A320 機内

エアバス社HPより

1984年から開発が進められ、1987年2月22日にA320-100が初フライト。1988年3月28日にエールフランスにて初就航されています。

A320ファミリーには、2-class標準107席でもっとも短いA318、2-class標準124席のA319、そして2-class標準150席のA320、胴体を延長し、緊急脱出用口を追加した2-class標準185席のA321があります。

A320ファミリー

A320ファミリー エアバス社HPより

そして現在開発されているのが、新型エンジンを搭載し、大型のシャークレット(ウィングレット)で更なる燃費向上を目指した機体がA320neoファミリーです。

エアバスA320neoの特徴

A320neoのneoは、new engine optionの略で、A320のエンジンを新しいエンジンに変更したモデル(リエンジンモデル)です。採用されるエンジンは2種類。CFMインターナショナル社製「LEAP-X」またはプラット・アンド・ホイットニー社製「PurePower PW1100G」から選択します。

ファミリーはA319neo、A320neo、A321neoの3機種の開発が進められており、初号機の引き渡しは2015年第4四半期を予定していましたが、2016年に変更されました。

A320neo

エアバス社HPより

新エンジンで低燃費。運用コスト減

同社ホームページによると、新しいエンジンと新しい翼の形式により、燃費を最大15%削減。これはCO2を1機当たり最大で年間3,600トン削減することになるとされています。

新しい翼形状で低燃費。運用コスト減

大型のウイングレットである「シャークレット」を採用。ウィングレット (winglet) とは、主翼端に取り付けられる小さな翼で、空気抵抗を減らし、結果として燃費を向上させる効果があります。
同社ホームページによると、長距離において少なくとも3.5%の燃料消費削減が見込まれるとされています。
最近のはやりは滑らかに上方へ立ち上がっている形状が多いですね。

受注状況

2011年1月、インドの格安航空会社「IndiGo」より150機。2011年に開かれたル・ブルジェの航空ショーでエアアジアXから航空史上最大規模である200機の発注を受けています。日本の航空会社では、ANAホールディングス株式会社が、全日本空輸(ANA)の機材刷新計画の一環でA320neoを7機、A321neoを23機、合計で30機のA320neoファミリーを受注。引き渡しは2016年から開始されます。

 - 航空機紹介

広告

広告

  関連記事

エアバス社 HPより ブリュッセル航空のA320
最も身近な旅客機?『エアバスA320』

東南アジアへLCCを使って旅行・出張する方にとって、この「エアバスA320」は最 …

エアバスA380
世界初!総2階建て旅客機 『エアバスA380』

エアバスA380とは? エアバスA380はボーイング社の747ジャンボを超える歴 …

ボーイング747
主な旅客機の種類と見分け方『Boeing 747シリーズ』

航空機ファンの人ならいまさらかもしれませんが、私のように好きだけど種類までは。。 …

ボーイング777X 折りたたみ翼
ナント! ボーイング社が折りたたみ翼を持つ旅客機『ボーイング777X』を開発中

アメリカの航空機メーカー大手ボーイング社は、新しい大型旅客機「777X」を開発中 …

ボーイング787ドリームランナー
『ボーインク787ドリームランナー』ってどうすごいの?

マニアの間でかなり話題となったボーイング社の新しい旅客機787ですが、普通の人は …

顔つきで判別しよう
主な旅客機の種類と見分け方『Boeing 737』と『Airbus 320』

いずれも短距離のフライトで良くつかわれており、生産機数も非常に多いこの2機種。乗 …

ボーイング737MAX
LCCの定番機種の後継 ボーイング『737 MAX』

最近新型旅客機の記事が続いていますが、またまた開発中の新機体の紹介をしてみたいと …

エアバス A350 XWB
エアバス社が『A350 XWB』開発中 787や777Xに対抗

ヨーロッパの大手旅客機メーカーであるAIRBUS(エアバス)社は、ボーイング社の …

MRJ(Mitsubishi Regional Jet)
国産初の小型ジェット旅客機 MRJ(Mitsubishi Regional Jet)

私のような飛行機好きにとって「国産機」という響きには、少し特別な響きがあります。 …