東南アジア 旅行・出張記

東南アジアを中心に海外旅行・出張の持ち物チェックリストなどお役立ち情報やおすすめスポットなどをご紹介

*

飛行機の座席をどう選ぶか!?

      2015/09/06

飛行機を使うとき、悩むのが座席の場所ですよね。

私なりの基準をご紹介します。あくまで、私の基準なので私は違うという方もおられると思います。
一つの参考として頂ければと思います。

座席を指定するか?(LCCの場合)

さて、LCCの場合は座席の指定が有料です。たいてい私は指定します。指定料は、ほとんど数百円。ここで少し払っても快適な時間を優先します。

何度か乗っていると、それほど混んでいないのに、前の方はいっぱい。後ろの方は空いているということがよくあります。そんなときに後方の座席指定をしていたことで、並びの3席を使って快適に旅したことも結構あります。

航空会社の座席の埋め方は定かではありませんが、指定しないと両側を人にはさまれた真ん中の席に入ることも多く、カップルや友達と2人で予約しても離れた席になることも多いようです。

座席を選ぶために

非常口付近はお得か?

B747、B777、A340、A330などの大きな飛行機は、非常口付近にかなりのスペースがあり、悠々と足を伸ばすスペースがあります。運が良ければ綺麗なCAさんと向かい合わせになりまよね。
チェックインのときに空いていないか聞いてみましょう。

ただ、LCCがよく使うB737、A320などの中型機は、非常口といっても気持ち広い程度の場合が多く、それほどお得感はないと思います。身長がある方で、通常の席では厳しいという方にはお勧めです。

前方の席か、後方の席か?

こちらは人によって分かれるところ。両方のメリットをまとめてみました。

前方席のいいところ

  • 空港に到着後早く出られます
  • エンジン音が気持ち静かなような気がします

前方席のよくないところ

  • 込みます。ほぼ空席はありません

後方席のいいところ

  • すいている場合があります 3列を独り占め! なんてことも
  • トイレに近い

後方席のよくないところ

  • 空港についても出るまでに時間がかかる たまに後方の出口も使えるとこがあります
  • エンジン音がうるさい 気がします

あと、エアアジアだったかな? 後ろに気を遣わずリクライニングできると思い、最後尾の座席を指定しました。しかし、いざ乗ってみると後ろにスペースがまったく無くリクライニングできないという悲惨なことも(笑)

日本人にはできない設計思想だと、ある意味関心しました。
まあ、それぞれ善し悪しがありますので、自分の重視するポイントを決めて選んでください。

窓側か? 通路側か?

これも好き嫌いが分かれるかもしれませんが、個人的にはほとんど通路側を指定します。何といってもトイレに自由に行けるのはストレスがありません。

自分は病気かと思うほどトイレが近いのです。ちなみにこの前胆のうも摘出し、あっちの方もゆるくなってしまいました(笑)どうでもいいですよね。

窓側だと、タイミングを逃すとなかなか行けないことも。通路側の方が寝てたりすると気が引けます。
短時間のフライトで、昼なら窓からきれいな景色も見れますが、夜だと真っ暗。

長時間のフライトなら、私は断然通路側です!

シートのレイアウトを考えてみる

大型機(777やA330)の場合、航空機によってシートの配列が変わってきます。通路側がすでに予約でいっぱいの場合、どの席をとるのがいいのでしょうか。

多いレイアウトは、左から「3-3-3」通路が2箇所ですね。この場合、窓際をとると通路に出るのに2人分越えなければなりません。かなりハードルが高いですね。
なので、正解は中央の列です。 

もうひとつのレイアウトは「2-4-2」こちらも通路が2箇所です。この場合はどの席をとっても1人超えるだけで通路に出られます。1人ぐらいなら問題ないでしょう。

ピーチ

関西国際空港に駐機されているピーチの飛行機

エアアジアXが、静かな座席の「AirAsia X Quiet Zone」を開始

エアアジアXではすべてのフライトに新しく「Quiet Zone(クワイエットゾーン)」を設けました。これは前方ビジネスクラスシートのすぐ後ろ、7列目から14列目まで(機材により変わる?)を「クワイエットゾーン」とし、12歳未満の子供が座れなくしたもの。あと、間接照明にしたり、機内食を早めに出したりするようです。
なお、このサービスはオプション扱いなので有料サービスです。

確かに正直LCCでは、子供が騒ぐなどマナーの悪い乗客もいるので、静かに空の旅を過ごしたい方にはいいサービスなのかもしれません。

関連記事

LCC (ローコストキャリア)とは
旅行・出張に役立つサイト集

デルタ航空

 - 海外旅行お役立ち情報 ,

広告

広告

  関連記事

VOYAGEUR
旅のお供『キャリーバッグ(スーツケース)』の選び方

海外旅行・出張に欠かせない旅のお供といえば、「キャリーバッグ(スーツケース」です …

sentraior
中部国際空港セントレア発のLCCをまとめました。(2016年8月更新)

祝!セントレアに続々LCC就航!! これまで、中部国際空港のLCC路線は関西国際 …

no image
海外旅行・出張で、通信費を安くする方法 2

前回、SIMフリー携帯を使った通信費削減をご紹介しましたが、今回は一歩踏み込んだ …

デルタ航空 エンタテイメント
レガシーキャリアとは? LCCとの違い

LCCの航路がアジアを含め世界中に広がりを見せ、コストが大幅に下がったことで海外 …

上海空港
いるような・・いらないような・・旅行保険ってどうしてます?

いつも悩むんですよね~旅行保険。皆さんどうしてます? やっぱりかけますか? 旅行 …

バリのタクシー
バリのタクシー事情 オススメは『ブルーバード』

東南アジアで困るのはやはりタクシー。 安くて便利なんですが、マナーの悪いドライバ …

フィリピン セブ
旅行前に知っておきたい「フィリピン」の基本情報

東南アジアで、気軽に英語留学ができるとして、最近人気のフィリピン。 行く前に少し …

インドネシア ジャカルタ
旅行前に知っておきたい「インドネシア」の基本情報

東南アジアの中心で、今まさに高度経済成長真っ只中といった感じの国、インドネシア。 …

飛行機
レガシーキャリアのお得な航空券の見つけ方

LCCが路線を拡大し、航空券の低価格化が一気に進みました。それに対抗するようにレ …

台湾 龍山寺
旅行前に知っておきたい「台湾」の基本情報

旅行先として最近人気の台湾。 行く前に少し情報を入れておくと何かと役に立ちます。 …